薬用トゥースメディカルホワイトを試す

禁煙して、まずしたことは歯のメンテナンスです。 タバコを吸っていたときはあまり感じなかったのですが、禁煙すると歯についたヤニや黄ばみがすごく気になるようになりました。 歯の表面は黄色に変色して、裏は黄色を越えて黒に近い黄色になっていました。 そこで、手軽にできる方法を試すことにしました。

まずは、「重曹で磨くと歯が白くなる」と聞いていたので、1週間使ってみました。 しかし、1週間、重曹で歯磨きしてもほとんどタバコのヤニや黄ばみは落ちませんでした。 自分の歯にはあまり効果がないようでした。

あと、重曹で歯磨きするときは注意してください。 実は、重曹で歯磨きするようになってから歯がザラザラするようになりました。 重曹を使う場合は磨き方によって歯を削ってしまう可能性があるようです。 私も結構強めに歯を磨いていたので、歯を削ってしまったようです。 それ以来は使うのを止めました。

やっぱり、「歯を白くする専用の歯磨き粉を使わないとダメだなあ」と思い「薬用トゥースメディカルホワイトEX」を使ってみました。 「薬用トゥースメディカルホワイトEX」で通常の歯磨きをするだけです。 尚、「薬用トゥースメディカルホワイトEX」を購入すると専用の歯ブラシが付いてきます。

専用の歯ブラシは結構堅めですので、普段使っている歯ブラシのほうが使いやすいと感じたら普段の歯ブラシを使ってもいいです。 専用ブラシと使っても普段のブラシを使っても効果は変わりません(笑)

また、「薬用トゥースメディカルホワイトEX」を使う前に知ってほしいことがあります。 それは、普通の歯磨き粉のように泡立ちません。 泡立ちしないからと言ってゴシゴシ磨くことがないようにしてください。 軽く歯を磨くだけでもしっかりヤニや黄ばみは落ちますので安心してください。

「薬用トゥースメディカルホワイトEX」を使った効果ですが、すぐに効果を実感できました。 1回目の使用後、鏡で歯を見たら、すでに歯の黄ばみが薄くなっていまいました。 歯の表面に関しては、1週間程度でタバコのヤニ、黄ばみはほとんど落ちました。 9年間のタバコのヤニが1週間程度で落ちるなんてびっくりしました。

あと、歯の裏は、黒に近い黄色になっていたので、表面よりも白くなるのに時間が掛かりました。 歯の裏については1ヶ月半程度で白くなりました。 尚、私の場合、「薬用トゥースメディカルホワイトEX」1本で40日程度使うことができました。 従って、頑固な黄ばみでないかぎり、1本購入すれば、かなり白くなるはずです。

このページの先頭へ