ビタミンを補うのがポイント

禁煙ニキビができる人の特徴は、油ものや甘いものが好きな人です。 油ものや甘いものが好きな人は皮脂がたくさん分泌されます。 ただ、タバコを吸っていると血液の流れがよくないため、分泌された皮脂は体内に溜まった状態になっています。

そして、油ものや甘いものが好きな人が禁煙をすると、血液の流れがよくなるため、溜まっていた皮脂が皮膚の表面に過剰に出てくるため、皮膚が炎症を起こしニキビになってしまうのです。

従って、禁煙ニキビを治すためには食事の改善とスキンケアをする必要があります。

食事について

ニキビができる原因の1つが、ビタミンの不足です。 タバコを吸っていると、体内にあるビタミン群は過剰に消費されます。 従って、ビタミンの多い食べ物を多く摂るようにしましょう。

ここで、一度にたくさんのビタミンを摂るなら野菜や果物で作られたジュースを飲むのが一番。 特に、今まで油ものや甘いものを好んで食べていた人は、急に野菜を中心とした食生活にするのは難しいと思います。 そこで、朝食で2杯の野菜ジュースなどを飲むようにしましょう。

もし、野菜ジュースはあまり好きでないなら、酵素ドリンクを飲みましょう。 酵素ドリンクは野菜ジュースに比べて甘味があるので飲みやすいです。

特においしかったのが優光泉です。 優光泉は水で混ぜて飲んでもいいのですが、トマトジュース200ccと優光泉の原液20ccを混ぜて飲むとさらにいいです。

無添加です

優光泉をトマトジュースに混ぜると、トマトジュースの独特の酸味がマイルドになって、本当においしくなります。 尚、トマトジュースには肌を修復する働きがあるので、禁煙ニキビが治りやすくなります。

スキンケアについて

禁煙ニキビの場合、上記でも説明しましたが、皮膚が炎症を起こしてニキビができているので、まずは炎症を抑える成分が入っているものがいいです。

さらに、たばこを吸っていた人は特に体内のビタミンCが消耗されています。 食事からもビタミンは補うのですが、スキンケアでもビタミンCを補うようにしましょう。

そして、炎症を抑え、ビタミンCを補うことができるニキビケア商品ならノブACアクティブです。

ノブACアクティブには、炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリル、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンC誘導体(体内にビタミンCがより浸透しやすくしたもの)などが配合されているため、禁煙ニキビ治療には一番最適です。

ノブACアクティブではメイク落とし、洗顔料、化粧水(モイスト)、乳液を使ってニキビを治していきます。

まずは、メイク落としを使った感想ですが、ニオイはなく、使った後、肌が突っ張ることはありませんでした。

次に洗顔料ですが、下記の量で顔全体に使えるだけの泡が作れます。泡立ちもとてもいいです。 その泡で軽くこするだけで皮脂や角質が取れました。メイク落としと同様、使った後に、肌が突っ張る感触はまったくありませんでした。

洗顔料の後に使うのが化粧水です。 化粧水は伸びがとてもいいので、下記の量で顔全体に使えます。 また、塗った直後から肌がしっとりしているのを実感できました。

最後に、乳液ですが、こちらもニオイがほとんど気にならないため、ホント使いやすいです。 また、乳液にはニキビ跡に効果があるL-アスコルビン酸というビタミンCが配合されています。 禁煙ニキビは適切に処置しないとニキビ跡が残りやすいので、最後に乳液を丁寧に塗っておいてください。

そして、上記のメイク落とし、洗顔料、化粧水(モイスト)、乳液はすべてノンコメドジェニックテスト済み(ニキビを悪化させるような成分が使われていないということ)なので安心して使えます。

このページの先頭へ