酵素ドリンクやたんぽぽコーヒーを飲む

禁煙中はいろいろストレスが溜まるものです。 そのストレスを和らげるために食べ物が役立ちます。

1.禁煙を始めてすぐに、タバコを吸えないことによるイライラが増します。 そのため、禁煙を始めたら、イライラを軽減させるような食べ物を摂るようにしましょう。

イライラにはビタミンCの多い食べ物が効果的です。 具体的には、キウイフルーツ、イチゴ、オレンジなどの果物を毎食、食べるようにしましょう。

2.禁煙1週間ごろから便秘に悩まされるようになります。 そのため、上記の果物を食べるのと同時に食物繊維が多い野菜(さつまいも、にんじん、大根、ごぼうなど)やキノコ類(しいたけ、しめじ、まいたけなど)や腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖(ヨーグルト、玉ねぎなど)を食べるようにしましょう。

3.次に、だるさや倦怠感の症状がでます。 だるさや倦怠感にはビタミンB群、鉄分が効果的です。 具体的には、納豆、ほうれん草、ひじきなどです。

上記の3つを気を付けながら食事を摂れば、禁煙がずっと楽にできます。

次に、体のメンテナンスをしましょう。 たばこを吸っているときは、体内に活性酸素が発生しやすくなっています。 この活性酸素が過剰に発生すると、ガンをはじめいろいろな病気にかかりやすくなります。

そのため、禁煙をしたら、活性酸素を抑える食べ物を摂り、体のメンテナンスをしましょう。 具体的には、野菜や果物を皮ごと食べましょう。 野菜や果物の皮には活性酸素を抑える成分が豊富に含まれています。

従って、野菜なら、ニンジン、トマト、大根、かぼちゃ、じゃがいもなどは皮ごと調理しましょう。 果物なら、ぶどう、りんごなどを皮ごと食べましょう。

もし、上記のことを実践するのが難しい方は、野菜や果物のジュースを飲みましょう。 いろいろな野菜や果物でジュースを作れば、ビタミンC、ビタミンB、鉄分、食物繊維は一度に摂れます。

そして、ジュースを作るときに皮ごと使えば、自然に皮も食べることができるので、活性酸素対策も簡単にできます。 このように、野菜や果物を使ったジュースは禁煙中に是非飲んでほしい飲み物です。

ただ、「ミキサーがないので野菜や果物のジュースが作れない」という方は、市販の酵素ドリンクやスムージーを飲みましょう。

市販の酵素ドリンクの中なら優光泉がほんのり甘くて、飲みやすいです。

市販のスムージの中ならベジーデル酵素スムージーがベリーの酸味で飲みやすいです。

尚、優光泉、ベジーデル酵素スムージーどちらも野菜の味はほとんどしないので、野菜がちょっと苦手な人でも飲めます。

最後に、食後のタバコに変わるものを用意しておくと、食後にタバコが吸いたいという衝動を抑えることができます。 一番いいのがリラックスできる飲み物を食後に飲むようにしましょう。

ただ、カフェインが入ったお茶やコーヒーは避けるようにしましょう。 禁煙中にカフェインを体内に入れてしまうと、タバコを吸っているときと同じような感覚になるため、タバコを吸いたくなってしまします。 特に、毎日コーヒーを飲んでいる人は注意しましょう。

毎日コーヒーを飲んでいる方は、カフェインゼロのたんぽぽコーヒーに変えるといいです。 ただ、「たんぽぽコーヒーって味はどうなの?」とお思いの方もおられると思いますが、 私が今まで飲んだたんぽぽコーヒーの中で、普通のコーヒーと遜色のない味だったのでが、AMOMAのたんぽぽコーヒーです。

上記の写真を見てもらうとわかりますが、色は普通のブラックコーヒーと全く変わりません。 香りは普通のコーヒーに比べると若干物足りないですが、味はアメリカンコーヒーに近いです。

3分で飲めます

このページの先頭へ