禁煙グッズを活用する方法

私が禁煙できたのも彼女のおかげです(たばこの害を考えるきっかけ) 現在、タバコを吸っている旦那や彼氏は、「禁煙できるなら禁煙したい」とは思っているはずです。 なので、禁煙するきっかけをどうやって作ってあげるかがカギになります。

尚、当サイトで紹介している禁煙法は、読んでもらえればわかりますが、旦那や彼氏のタバコをやめさせたいあなたには使えない方法です(ごめんなさい)。 ただ、もし、あなたがいつも旦那や彼氏にガミガミ言わないタイプ(笑)でしたら、私の彼女のように突然「吸いすぎ」って旦那や彼氏に言うのもアリだと思います。

そのとき、旦那や彼氏がどんな反応を示すのか気になると思いますが、あなたは何も言わずにその場を離れてください。 そして、何事もなかったようにふるまってください。 すると、旦那は先ほどあなたが言った「吸いすぎ」っていう言葉が気になるはずです。 そして、旦那があなたにそのことで聞いてくるでしょう。

そのとき、あなたは聞き役に徹して聞いてください。 あなたは、旦那が話していることに耳を傾けるだけにしてください。 もし「すぐには禁煙できない」と言われても、それに対して反論はしないでください。 あなたは、うなずくだけにしてください。

これで、彼氏は「そろそろ禁煙しないとマズイかも」って思うはずです。 この段階では、彼氏に禁煙を意識させることができただけでも成功だとと思ってください。 尚、これがきっかけで禁煙すると決意してくれたなら、見守りましょう。

尚、それ以降もタバコを吸っているのなら、次の手を打ちます。 それが、プレゼント攻撃です。 あなたが「吸いすぎ」って言ってから1ヶ月経過したら、禁煙に役立つグッズを何の前触れもなくプレゼントしましょう。

一番いいのが「離煙パイプ」です。 それを彼氏の見えるところに置いておきましょう。 ここであなたから禁煙グッズについて触れないでください。

彼氏が「なにこれ?」って聞いてくるのを待ちましょう。 そして、彼氏が聞いてきたら「吸いながら禁煙できんだって。なんかよさそうだから買ってみた」と言ってください。 ここで注意してほしことは「使ってね」って言ってはいけません。

あなたが買った禁煙グッズを使うか使わないかは彼氏に任せるのがポイント。 もし使ってくれたら、温かく見守りましょう。 使ってくれないときは、少し様子をみましょう。 ただ、今すぐ使ってくれないくても、1ヶ月以内に使ってくれる確率は非常に高いです。

「禁煙してよ」っていうよりも「禁煙グッズ」を突然プレゼントしたほうが効果が高いです。 ただ、上記でも言いましたが、「これで禁煙して」と言ってはダメ。 あなたは「ただ気になったから買ってみた」というだけにしてみてください。 これで高い確率でたばこをやめさせることができます。

このページの先頭へ